夢の新築マイホーム。
家族と相談しながら時間をかけて決めたはずなのに・・・

 

イメージしてた家と全然違った
住み心地が悪い、快適性に欠ける
隣の家がうるさい、交通の便が悪い
ほぼ同じ費用なのに友人宅より家の性能が悪い
違う業者に頼めば良かった

など、実際に家を建てた方に聞くと、
このような「失敗」や「後悔」したという話をよく耳にします。

 

自分達は慎重にプランや業者選びを進めたと思っているようですが、
失敗した理由や根本的な原因のほとんどが下記に当てはまっていました。

 

業者の比較不足

業者選びの失敗

 

一度建ててしまった家は、どんな理由があっても簡単には変更できません。
また、高い買い物ですので、簡単に買い替えることもできません。

 

そこで当サイトでは、新築マイホームでの「失敗」や「後悔」を避けるために、

どのようにして業者を選べば良いのか?
失敗しない業者の探し方

など、厳選した「4つのポイント」をご紹介していきます。

 

これから家を建てようと思っている方は是非、チェックして下さい!

 

業者による建築費用の違いを知っておこう!

マイホームの計画を立てる前に基礎知識として知っていてほしいのが、
各業者による建築費用や価格設定の違いです。

 

ハウスメーカーや工務店、設計事務所など建築業者は様々ですが、
それぞれで建築費用は大きく異なってきます。

業者によって費用が異なるもの
家の本体価格
間取りプラン
設備(キッチン、浴室、冷暖房など)
住宅性能(省エネ設計、断熱材、工法、耐震性・免震性など)
材質・材料(玄関ドア、内装材、外装材、サッシ)
デザイン(内装、外壁、屋根)
その他、諸費用など

 

業者ごとに構造・工法・コンセプト・材料のグレード・材料調達費・人件費等が違うため、
同じ坪数でも業者によっては総額で数百万円以上の差が出ることもあります。

 

また、地域によっても価格差があるため、

自分の住んでいる地域の相場各業者の建築費用は、

面倒でも事前にしっかりと調べておきましょう!

各業者の建築費用や地域の相場を知るためには?

業者に問い合わせたり、見積もりを出してもらったり、HPでくまなく検索したり。
「なかなか時間が取れなくて、そんなことしてる時間がない・・・。」
という方もいらっしゃると思います。

 

そのような方には複数の業者の建築費用を
一括で比較できるサービスがオススメです!

 

自分の住んでいる地域を選択し、
希望とする間取りや予算を入力すれば・・・

ハウスメーカーから工務店まで、
各業者毎に異なる建築費用をチェックすることができます。

 

比較サービスで貰える資料
資金計画書(複数社の見積もり書ローン計画書
間取りプラン(業者ごとに間取りの提案間取り図を作成)
土地の提案(要望に合わせてプロが土地探しをしてくれます)
 

自分の要望を細かく入力することもできるので、
世界に1つしかないアナタだけに特化したプランを作成してもらえます!

日本全国に対応
完全無料
600社が登録(優良企業のみ)
入力時間2~3分

⇒建築費用の一括比較サービスを見てみる

どのようにして業者を選べばいいの?

新築のマイホームを建てる時に、
最も重要になってくるのが業者の選び方です。

 

業者の選び方を間違ってしまうと・・・

 

せっかく建てたマイホームで快適な生活が送れなかったり、
一生後悔したまま過ごすことになってしまいます。

 

では、どのようにして業者を選んでいけば良いのか?
この部分を解説したいと思います!

マイホームへのこだわりや理想を明確にする!

まず最初に、どのような家を理想としているのか?家のどの部分にこだわりたいのか?
これらを明確に決めておくことがポイントです。

 

例)
オシャレな家を建てたい

耐震性に優れている家にしたい
暖かい家に住みたい
できるだけ建築費用を抑えたい
光熱費の安い家にしたい

 

上記のように理想やこだわりたい部分を決めておけば、
ハウスメーカーや工務店・設計事務所など、
どのタイプの業者を選べば良いのか?をある程度判断できるようになります。

業者の選定例

ハウスメーカーがオススメの場合
最新技術や最新設備にこだわりたい方(省エネ住宅、冷暖房システムなど)
工法にこだわりたい方(断熱性・気密性・耐震性など)
間取りを業者にお任せしたい方(間取りプランが用意されている)
安定した品質を求める方
充実したアフターサービス・保証制度を求める方
住宅ローンをお任せしたい方
家を早く建てたい方(工期が短い)
土地探しもお任せしたい方

 

工務店がオススメの場合
自由設計型の家を建てたい方
ローコスト住宅を建てたい方
コストパフォーマンスの良さを優先する方
出来るだけ要望に応えてほしい方
しっかりと打ち合わせを重ねて理想の家を建てたい方
住んでいる地域に適した家を建てたい方

 

設計事務所がオススメの場合
とにかくデザイン重視の方
オシャレな家を建てたい方
内装・外装にこだわりたい方
備え付けの家具にもこだわりたい方
自分の要望を全て取り入れてほしい方
狭小地、変形した敷地に家を建てたい方

注文住宅の種類と違いについて

注文住宅にも、1~10まで全て自分好みに設計するタイプや、
プランの中から選択するタイプがあります。

ここでは、その種類と違い(メリット・デメリット)について解説します。

フルオーダー住宅

構造、間取り、設備、外観など希望通りの家を建てることが出来るフルオーダー住宅。

家族構成やこだわりをすべて実現できる分、コストが割高になります。

しかし、思い通りのマイホームを実現できるため、ストレスがなく、唯一無二のマイホームを建てることができます。

メリット デメリット
自由に設計できる
個性溢れるマイホームが作れる
狭小地、変形地でも対応できる
コストがかかる
打ち合わせ・工期が長い
完成後のイメージが沸きにくい

主な業者/設計事務所工務店

 

セミオーダー住宅

仕様や設備にメーカーの規定がありますが、間取りや外装デザインをある程度希望通りに建てることができるセミオーダー住宅。

規格住宅とフルオーダー住宅を足して2で割ったイメージです。

仕様や設備が規格内に収まるため費用を抑えることができ、なおかつ間取りやデザインなどの自由度が高いことから人気度が高いです。

メリット デメリット
間取りの自由度が高い
多くの建材メーカーから仕様を選べる
フルオーダーより価格を抑えられる
構造・性能の変更が難しい
手間や時間が想像以上にかかる
狭小地、変形地に対応できない

主な業者/工務店ハウスメーカー

 

規格住宅

決まった間取りや外観等を選択肢の中から選んで注文する規格住宅。

自由度は低いものの内装は一部自由に選ぶことができます。

規格されている建物なので価格も他に比べて安価で、施工期間も比較的に短いことが特徴です。

メリット デメリット
建築費が最も安い
短期間での建設が可能
品質が一定に保たれている
間取りが決められている
デザインの自由度が低い
狭小地、変形地に対応できない

主な業者/ハウスメーカー

業者選びのポイント

「マイホーム」というものは、
一生に一度買えるか、買えないかという大きな買い物です。

 

そのため、業者も慎重に選ばなくてはいけません。

 

ここでは、業者選びで失敗や後悔をしないためのポイントや注意点を解説します!

自分の希望とマッチしているか?

家のこだわりや予算などを考えた時、

どの業者タイプが良いのか?(ハウスメーカー・工務店・設計事務所)

どの住宅プランが自分の希望とマッチしているか?(フルオーダー・セミオーダー・規格住宅)

 

この部分がまだハッキリしていない方は、
モデルハウスの見学や資料請求などでイメージを膨らませることも大切です。

 

また、家だけでなく通勤・通学、買物など、
立地条件や近隣環境も視野に入れたマイホーム計画を立てましょう!

業者の独自工法や得意分野をチェックする

住宅性能にこだわっている方は、
希望に沿った工法・構造を採用している業者を選定すること。

 

特に断熱性や気密性、耐震性などは、
業者によって基準値や工法そのものが違うため、
業者選びを間違えてしまうと取り返しがつきません。

 

また、業者にも得意分野とそうでない分野があります。

 

壁に埋め込み式の棚をお願いしたら、
「うちではその様なモノは取り付けれない」と言われるケースもあります。

 

自分の希望しているモノがその業者では可能なのか?
契約する前に必ずチェックしましょう!

信用できる業者か?保証内容は?

自分の理想にぴったりのマイホームが完成したとしても、
家というものは実際に住んでみると問題点が数多く出てきます。

壁紙がはがれてきた・・・
エアコンから異臭がする・・・
雨漏りする・・・
床がくの字にめくれてきた・・・
3年で給湯器が壊れてしまった・・・
壁にヒビは入っている・・・

 

しかし、業者の選び方が悪いと、

マイホームを建ててもらった業者が倒産してしまった
クレームに一切、対応してくれない
家を建てて間もないのに、修理でお金を請求された

など、予想もしていなかった事態に見舞われてしまいます。

 

業者選びは価格だけではなく、
信用できる業者なのか?信頼できる業者なのか?
を、しっかりと見極めることも重要です。

営業マンの対応力や提案力は?

マイホームへのこだわりや要望を確実に取り入れてもらうには、
営業マンの対応力や提案力もかなり重要になってきます。

 

新人営業マンや適当な営業マンに当たってしまうと、

○○○の色が違う
頼んだはずのものが取り付けられていない
グレードや違うメーカーのキッチンだった
ドアや床のデザインが違う
窓の大きさが違う
費用を別途、請求された

などのトラブルに発展してしまいます。

 

また、良い営業マンの特徴としては、

親身になって話を聞いてくれる
メリット・デメリットについて解説してくれる
色々な選択肢を与えてくれる
自社のマイナス面を正直に伝えてくれる

などが挙げられます。

 

業者を選ぶ基準の1つとして、
営業マンの実績や経験年数・人柄もしっかりと見極めましょう!

複数の業者を比較しよう!

マイホームで失敗や後悔をする方の多くは、
業者の比較不足」と「業者選びの失敗」が原因です。

 

夢のマイホームで失敗しないためには、
業者を比較する「数」がとても重要になってきます。

 

モデルハウスや雑誌などで気になる業者があれば、
積極的に見積もりや間取りプランの作成を依頼してみましょう!

 

その時の業者の対応は?
間取り図には希望がしっかりと取り入れられているか?
見積もり書には細かく内容が記載されているか?
アドバイスや提案などはあったか?

など、見積もり書や間取り図からでも、その業者の信頼度や信用度が判断できます。

 

業者の対応力や提案力も理想のマイホームを建てるためには大切な要素となるため、
様々な業者を比較するようにしましょう。

業者を比較する時のポイント

業者をしっかりと比較するためには、
具体的なプランを各業者に作成してもらう必要があります。

 

どのような事を業者に伝え、どのような資料を作成してもらえば良いのかは、
下記の項目を参考にして下さい。

 

(例)業者に伝える内容
基本的な内容
家族構成:4人家族(夫、妻、子供2人)
間取り:4LDKの2階建て
建坪:40坪程度
予算:3500万円以内
土地:学区内、近くにスーパーがある場所

希望や要望
二階にベランダがほしい
車が2台分の駐車スペース
各部屋にクローゼットがほしい
屋根は三角屋根がいい
その他、希望や要望があれば細かく伝える

業者に作成してもらうもの
建築費用の見積もり書
間取り図
資金計画書(住宅ローンの支払い方法など)
土地の提案書(土地を持っていない方、土地を探して欲しい方)

家族構成や希望とする間取り・予算などをしっかりと伝え、
その内容に沿ったプランを作成してもらうこと。

 

業者に伝える内容が細かいほど、
より具体的なプランを作成してもらえるようになります。

 

しかし、ここで適当な資料を作成するような業者は、

  • 顧客を大事にしていない可能性がある
  • 忙しいを理由に手抜きされる可能性が高い

と判断し、その業者を選択肢から外すなどの検討も必要です。

業者を比較することで得られるメリット

業者を比較する第一の目的は最適な「業者探し」ですが、
実は比較することで様々なメリットが得られるようになります。

 

① 間取りプランから「いいとこ取り」できる!

業者によって間取りは様々です。

自分のイメージと違うものやイメージに近いもの、中には自分達の想像を超えた素晴らしい間取りを提案してくれる業者もいます。

特に、生活動線や快適性においてはプロ(業者)が作成した間取り図はとても参考になります。

各業者の作成した間取りプランから良い部分のみを取り入れれば、より完成度の高い間取りが実現可能になります!


② その業者しか知らない土地情報を入手できる!

世の中には一般公開されていない「土地」が多数存在します。

ですが、ハウスメーカーや工務店などは不動産業界とも繋がりがあるため、このような未公開物件も含めて最適な土地探しをしてくれます。

中には、その業者しか知らない安くて立地条件の良い「お宝物件」を紹介してくれる場合もあります(相場より○○○万円も安く手に入った!ということも・・・)

また、土地で浮いた分の費用を頭金や設備、家具などに回せるというメリットも生まれます!


③ 値引き交渉に利用できる!

業者に作成してもらった資料は色々な意味でとても参考になりますが、参考資料としてだけで終わらせるのは非常に勿体ないです。

このような資料は他の業者とも契約に向けて交渉を進めているという証にもなります。

業者側は契約にこぎつけるために必死ですので、このような資料を見せつけられれば「値引き」や「サービス」といった価格交渉に応じてくれる可能性もあります。

このように、各業者の比較資料は交渉用としても活用することができます!

何社くらい業者を比較すれば良いの?

業者には様々な形態があり、それぞれの特徴も千差万別です。

建築費用や間取りプラン・工法や構造など、家を形にする方法は業者ごとに全く違います。

その中から希望を叶えてくれる業者を選定する必要があるのです。

 

一生を過ごすマイホームなのですから、
最低10社を目安に業者を比較するようにしましょう!

 

業者を比較すればするほど「自分の理想やこだわりを実現してくれる業者」に
出会える確率もどんどん上がっていきます。

 

比較した数だけ理想のマイホームに近づくということを覚えておいて下さい!

【重要】知らないと大損!失敗しない業者の探し方

新築マイホームで失敗しないためには、とにかく複数の業者を比較すること!

しかし、業者を比較するには大きな問題が2つあります。

 

手間がかかる

ハウスメーカーや工務店など、業者の比較はとにかく手間がかかります。

モデルハウスを見学

要望を伝える

計画書の作成を依頼

そしてそれらに目を通し、また業者との打ち合わせ。
これを10社も繰り返すには、かなりの時間と根気が必要になります。

 

業者からの勧誘、訪問も可能性も

業者も契約を取るために必死ですから、
しつこいセールスに悩まされる恐れもあります。

複数の業者から電話がかかってきたり、
営業マンが直接訪問して来ることも当然考えられます。

押しの強い営業マンに当たってしまうと、
強引に契約を迫られることもあるので注意が必要です!

 

このような問題から、多くの方は3~5社程度の比較で挫折もしくは妥協し、
業者を決めてしまっているようです・・・。

 

これでは完全に「業者の比較不足」です。

 

業者の比較不足は「業者選びの失敗」にも繋がり、
最終的には新築マイホームでの失敗や後悔する原因となります。

 

そこでオススメするのが、これらの問題を全て解消してくれる
複数の業者を一括で比較できるサービス

 

このサービスでは、

  • マイホームを建てたい場所
  • 予算
  • 部屋数
  • 家族構成
  • 土地の大きさ
  • 要望

などを入力することで、ハウスメーカーから工務店まで、
様々な業者のプランを一括で比較することができます。

 

このサービスで比較できるもの
建築費用
間取りプラン
工法・構造
保証内容
その他、業者の詳細情報
資金計画
土地情報

上記の通り、業者の比較したい内容は、
ほぼこのサービスだけで把握できてしまいます。

 

また、自分の住んでいる地域から
優秀な業者のみを自動で選出してくれるので、
業者探しの段階で失敗することはまずありません。

 

入力時間は、たったの3分!

 

モデルハウスで業者を比較した場合、
要望を伝えたり、計画書の作成依頼を1件1件繰り返すため、
恐らく数ヵ月はかかってしまうでしょう。

 

ですが、比較サービスなら3分で完結です。

 

営業マンとの「会話」や「やりとり」も必要ないので、
セールス電話や訪問の心配もいりません。

 

比較サービスのココが凄い①
建築費用の見積もり書が貰える!(各業者ごとに見積もり書を作成してくれます)
資金計画書が貰える!(住宅ローンなどの支払い計画書を作成してもらえます)
複数の間取り図が手に入る!(各業者が間取りの提案や間取り図を作成してくれます)
土地を探してくれる!(要望に合わせた最適な土地を提案してくれます)
 

 

比較サービスのココが凄い②
マイホームでこだわりたい部分や要望を細かく記入すれば、
業者によっては下記のような資料も作成してくれます。

 

比較サービスのココが凄い③
国家基準をクリアした業者のみを掲載!
全国の600社以上の優良企業が登録している!
日本全国どこでも対応している!
スマホにも対応している!
何度でも利用できる!
完全無料で利用できる!
家づくりガイドが貰える!

 

比較サービスの使い方はもちろん自由です。

  • 土地の情報を知りたい
  • 優秀な業者を見つけたい
  • 業者の建築費用や間取り図を比較したい
  • 間取りのシミュレーションをしたい
  • 値引きの交渉用資料に利用したい

など、自分の目的に合わせて利用することができます。

 

これから新築マイホームを建てようと思っている方や、

業者選びで失敗したくない方は、

是非、この比較サービスを活用してみて下さい!

 



最新情報